プロバスケットボールTKbjリーグ西地区2位の琉球ゴールデンキングスは7、8の両日、沖縄市体育館でプレーオフ(PO)西地区準決勝を同地区6位の大阪エヴェッサと戦う。7日は午後3時、8日は同1時開始。

西地区準決勝の大阪戦に向け、実戦形式の練習に励むキングスの選手=宜野湾市立体育館

 昨季はホーム開催の地区準決勝で2連敗し、シーズンを終える悔しさを味わった。伊佐勉監督は「あの時のことは忘れていない。初日の入りが大事。第1Qから全力で集中し、キングスのゲームをしたい」と鬼門突破を誓う。

 PO1回戦は金沢武士団を相手に2連勝し、駒を進めた。相手の大阪は今季2勝2敗の五分。伊佐監督は「相手は守備型、うちは攻撃型。ハイスコアゲームになれば分がある」と自信をのぞかせた。

 大阪は元キングスヘッドコーチ(HC)の桶谷大HCが指揮を執り、昨季までキングスに所属した並里成も司令塔として活躍する。並里とのマッチアップが予想される岸本隆一は「司令塔の出来は勝敗を左右する。並里を抑えて成長を証明する」と力を込めた。

 球団は、両日のチケットを発売中。詳細は公式ホームページ(http://goldenkings.jp/)。