【ニューヨーク共同】米司法省は14日、金融危機のきっかけとなった住宅ローン担保証券の販売を巡り、英金融大手ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)が49億ドル(約5400億円)の民事制裁金を支払うことで和解したと発表した。

 金融危機時の不正を巡り米司法省が科す金融機関への制裁金では過去最高額としている。司法省はRBSが不正に販売したと主張しているが、RBSは認めていない。

 司法省は、RBSが実際よりもリスクが小さく見えるような不正確な情報を提供するなどして、投資家や退職年金基金に数百億ドルの損失を発生させたと主張している。(共同通信)