沖縄本島周辺にあった熱帯低気圧が15日正午、久米島の北約130キロで台風18号になった。本島付近で台風が発生する事例はまれ。同日は沖縄地方周辺の海水温が29度と温かったことなどが原因で、沖縄気象台は「海水温が高い夏は沖縄周辺でも台風ができる素地がある」と説明している。

横殴りの強い風雨にあおられる歩行者=15日午後3時ごろ、那覇市久茂地(国吉聡志撮影)

台風18号進路予想図(16日0時現在、気象庁HPから)

横殴りの強い風雨にあおられる歩行者=15日午後3時ごろ、那覇市久茂地(国吉聡志撮影) 台風18号進路予想図(16日0時現在、気象庁HPから)

 台風18号は今後やや発達しながら東シナ海を北西に進む見込み。16日午前0時現在、東シナ海にあり、1時間に20キロの速さで北西に進んでいる。中心付近の気圧は996ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。

 沖縄地方は15日、台風や南から流れ込んだしめった空気の影響で荒れた天気となった。南城市糸数では午後7時10分までの24時間に157・5ミリを観測。うるま市宮城島でも同24時間で107・5ミリ降り、午後1時21分には最大瞬間風速24・5メートルの非常に強い風が観測された。

 沖縄旅客船協会によると15日、沖縄本島と離島を結ぶ便など66便が欠航した。16日の運航は同日朝に判断する。