石垣島地方気象台は16日午前10時16分、竹富町西表島東部付近に「記録的短時間大雨情報」を発表した。台風18号の影響で、午前10時までの解析雨量が1時間に約120ミリとなり、猛烈な雨となっている。16日夕方まで、低い土地の浸水や河川の増水や氾濫に、警戒するよう呼び掛けている。

気象レーダーによる降水強度分布観測。16日午前10時頃、地図上で西表島が見えなくなるほどの降水量だったことが分かる(気象庁ホームページから)

 「記録的短時間大雨情報」は、数年に一度程度しか発生しないような短時間の大雨を観測したり、解析したときに発表する情報。

 石垣島地方では、16日昼過ぎまで多い所で1時間に50ミリの非常に激しい雨が降り、16日昼前には局地的に1時間に100ミリの猛烈な雨の降る恐れもある。同気象台は強い雨は夕方まで続く見込みで、土砂災害に注意するよう呼び掛けている。【沖縄タイムス+プラス編集部】