沖縄食糧(浦添市、竹内聡社長)の「ゆめぴりか5キログラム」など主力4商品がこのほど、国際的な品評会「モンドセレクション2016」で金賞や銀賞を受賞した。初めての応募で、沖縄県内の米穀業界としては初受賞となった。

モンドセレクションを受賞した4賞品を紹介する沖縄食糧量販課の伊佐隼人課長補佐(左)と企画課・米穀課の石垣喜也主任=6日、沖縄タイムス社

 金賞は、北海道産のゆめぴりかの中でも特に厳しい基準をクリアした「ゆめぴりか5キログラム」(税抜き店頭価格2480円)、うまみと栄養を残して精米した無洗米「金芽米美味おいしさづくり5キログラム」(同1780円)と「金芽米守礼5キログラム」(同1680円)。銀賞は北海道産の米2種類をブレンドした無洗米「愛を米守礼5キログラム」(同1580円)。

 沖縄食糧は昨年7月1日に創立65周年を迎えた。営業部量販課の伊佐隼人課長補佐は6日、沖縄タイムス社を訪れ「県民に安心安全なお米を安定供給することが創立当初からのスローガン。これからも食を通じて県民に貢献したい」と話した。機械であらかじめ精米した無洗米は家庭での節水につながることから、味や品質だけでなく環境面でも評価されたとみている。

 モンドセレクションの受賞ラベルを付けた4商品は5月中旬から店頭に並ぶ。