【名護】花を付ける柄が幹や茎の間から出るのが特徴のレンブ(フトモモ科)。名桜大学近くの通称「ビーマタバル(為又原)」で多くの実を付けている=写真。ナシの食感があるレンブは生やサラダなどで食するとおいしい。