5月8日はゴーヤーの日。沖縄県内各地では、夏野菜ゴーヤーの出荷が最盛期を迎えている。

30センチほどに成長したアバシゴーヤーを収穫する農家の玉城和彦さん=7日午前、糸満市大度(下地広也撮影)

 糸満市大度のビニールハウスでは7日、農家の玉城和彦さん(47)が30センチほどに育ったアバシゴーヤーを1本ずつていねいに切り取る作業に追われていた。玉城さんは「ほどよい苦みのアバシはサラダで食べるとおいしい。旬のゴーヤーを食べて、沖縄の夏を乗り切ってほしい」とPRした。

 JAおきなわ糸満支店の指導員・喜納享志さんは「3月に植え付けした苗は、気温が高かったことも影響して生育状況がいい。病害虫や台風の被害なければ、昨年並みの年間300トンの収穫を見込んでいる」と話した。