県内流通最大手のサンエー(上地哲誠社長)は9日から、ネットスーパーサービスを「西原シティ」地区にも拡大する。対象は西原町全域、中城村の6地域と与那原町の3地域で、約2万4千世帯が利用可能になる。

サンエー西原シティ

 ネットスーパーは店舗へ行かずにインターネット上で注文ができ、配達員が自宅まで配達するサービス。2014年5月から「経塚シティ」(浦添市)地区の居住者を対象に行っていた。高齢者や共働き、子育て家庭を中心に会員数・売り上げが増加。ニーズの高さを実感したとして、配送の効率化と地元住民の要望が多かった点から、経塚シティと商圏が隣接する西原シティを選んだ。

 利用には会員登録が必要で、専用サイトまたは西原シティ店頭で登録する。月会費500円で入会料は無料。

 ネットスーパーでは食料品を中心に約7千品を取り扱う。午後1時までに注文すると、その日のうちに商品が届く。配達料金は1500円以上の注文で無料、1500円未満は100円が加算される。60歳以上のシニア会員は電話・ファクスでも注文を受け付ける。