養豚業の福まる農場(南風原町、崎原多順社長)は、薬草などを混ぜ合わせた独自の飼料で育てた「キビ○(まる)豚」のブランド化に取り組んでいる。琉球大学の食品分析で、おいしさを感じるうま味成分の遊離アミノ酸がほかの豚肉よりも豊富に含まれ、味の奥行きやコクが優れていると評価を得た。