岐阜県白川町の国道41号で観光バス2台が集中豪雨による土砂崩れに巻き込まれ飛騨川に転落、乗客ら104人が死亡した事故から18日で50年を迎え、現場近くにある慰霊碑「天心白菊の塔」の前で法要が行われ、遺族や横家敏昭白川町長ら約50人が静かに手を合わせた。

 飛騨川バス転落事故から50年を迎え、現場近くの慰霊碑「天心白菊の塔」前で行われた慰霊法要=18日午前、岐阜県白川町

 遺族代表として、母親を亡くした愛知県尾張旭市の教員西川欣吾さん(55)は「今の自分より20年以上短い人生で他界した。事故を風化させずに次の世代に引き継ぐことが、私たち遺族のすべきことだ」と訴えた。

 事故は1968年8月18日未明に発生した。(共同通信)