熊本地震で被害を受けた米生産者を支援しようと、コープおきなわ被災地支援を考える会(後藤恭子委員長)は7日、那覇市おもろまちのコープあっぷるタウンで、熊本産の米の試食会を行った。

熊本産米のおにぎりを試食する子どもたち=7日、那覇市おもろまちのコープあっぷるタウン

 コープおきなわでは5月1日から、「熊本産ひのひかり」「阿蘇こしひかり」の商品代金の1%を生産者支援費用として寄付する取り組みをしている。

 コープおきなわの取引先のJA阿蘇によると、地震で阿蘇大橋が崩壊し、ライフラインも復旧できていない状態。畑の地割れに加え、倉庫などの施設や生産者の家も損壊し、田植えもできない状況という。

 後藤委員長は「熊本の生産者と沖縄の組合員は交流を続けている。一日も早い復旧に向けて支援し、熊本のおいしいお米を沖縄に届けてほしい」と話し、熊本産米をPR。

 試食会では米10キロを用意し、おにぎりにして買い物客らに配った。おにぎりをもらった子どもたちは、「おいしい」と笑顔で頬張っていた。