ダイナミック琉球を作詞した南島詩人の平田大一さん(49)は「応援団が合唱で歌うのは想定外だった。新たな伝統をつくろうと魂を込めた作品が、これほど愛されているのは幸せなこと」と喜ぶ。