夏休み明けに多いとされる子どもの自殺をゼロにしようと、不登校の経験のある人や親たちが語る「#不登校は不幸じゃない」と題したイベントが19日、那覇市の子ども図書館「にじの森文庫」であった。「学校に行けなくても生きていく方法はある」とそれぞれの体験を通して伝え、約30人が耳を傾けた。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。