翁長雄志知事が9日から訪米する。第6回世界のウチナーンチュ大会のPRが主目的だが、きつい日程の中でも、ワシントンDCでは米政府関係者と会談し、名護市辺野古の新基地建設に反対する県の意向を伝える方針。訪米の機会を生かし、米国、その先の国際社会へ新基地反対の思いを直接伝えたい考えだ。