10月に開かれる「世界のウチナーンチュ大会」をPRするため、翁長雄志知事は9日、アメリカへ出発した。午前中に東京へ移動し、午後の便でハワイ・ホノルルへ向かう。ロサンゼルス、カナダ・バンクーバー、ワシントンDCなどの各都市で県系移民らに大会への参加を呼びかけ、18日に帰国する予定。

ウチナーンチュ大会PRの意気込みを語る翁長雄志知事=那覇空港

 那覇空港で開かれた出発式で、知事は「ふるさとの自然や文化に触れ、自分に誇りと自信を持ってもらえる大会にしたい。多くの方に参加を呼びかけたい」と意気込みを語った。また、ワシントン滞在中に米上下両院議員らと会談する方向で調整していることを明らかにし、名護市辺野古の新基地建設に反対する県民の民意を改めて説明する意向を示した。