OCS(オークス、渡慶次道俊社長)は9日、「ゆいまーるのちから」をキャッチコピーに、OCSクレジットカード会員を対象にした熊本地震の義援金受け付けを開始した。6月30日まで。

募金を呼び掛けたOCSの大道徹二副部長(右)ら=9日、那覇市・沖縄タイムス社

 受け付けは、1口500円から最高60口(3万円)までをクレジットカードで支払う方法と、カード利用200円ごとに1ポイント付与されるOCSお楽しみポイントを1ポイント1円で交換して義援金に充てる2通り。

 営業統括部の大道徹二副部長は「寄付したいが、直接持って行く機会がない会員も多いと思う。東日本大震災ではポイント交換の申し込みが多く、今回も協力をお願いしたい」と呼び掛けた。

 義援金は専用電話または、プラザ新都心店・西原店・具志川店の窓口で受け付けている。問い合わせ・申し込みは義援金受付デスク、電話098(901)0126。