翁長雄志知事の後継候補として9月30日の知事選出馬に向け調整をしている玉城デニー衆院議員(58)は21日、所属する自由党の小沢一郎共同代表や後援会関係者らと会談した。立候補の意向を示したが、環境整備に時間を要することを伝え、結論を持ち越した。

玉城デニー氏

 玉城氏は、県政与党や労働団体などでつくる「調整会議」(議長・照屋大河県議)から全会一致で、候補者となるよう要請を受けたことなどを報告した。

 国会内で面談した小沢氏は「自民、公明両党が着実に取り組む選挙だ。しっかり態勢が取れるかどうか慎重に見るように」と述べ、関係者とも話し合うよう指示したという。

 ただ、4年前の知事選で自主投票だった公明党が前宜野湾市長の佐喜真淳氏(54)を推薦し、前回翁長知事を支えたホテル事業大手「かりゆしグループ」が自主投票を決定するなど、辺野古新基地建設反対を掲げる候補者を取り巻く環境は変化している。

 玉城氏は、沖縄市内で後援会を集め「慎重に時間をかけて環境整備をしたい」と説明した。調整会議は近く正式に出馬を要請し、玉城氏は週明けにも表明する見通し。