沖縄県衣類縫製品工業組合(大城英幸代表理事)は「かりゆしウエアの日」の1日、沖縄県庁前県民広場で古いかりゆしウエア3枚を新品と交換するイベントを開いた。新たなかりゆしウエアを求めて長蛇の列ができ、用意した500枚の整理券はすぐになくなった。

古いかりゆしウエアと新品を交換する来場者=1日、那覇市・県庁前県民広場

 イベントはかりゆしウエアの普及を目的に2007年から開催。同組合の伊良波勲事務局長は「もっと気軽に着てもらえるようイベントも長く続けたい」と話した。

 集めた古着のかりゆしウエアで状態の良いものは東南アジアに送られる。同組合の売り上げの一部を沖縄アジェンダ21県民会議に贈った。