宜野湾署は11日、大規模な地震や津波を想定した警察署機能の移転訓練を実施した。沖縄本島西方沖を震源とするマグニチュード7の地震が発生し、同署庁舎が被災して使用不能となったことを想定。おのやチェーンソーなどの救助用具、重要書類などの物資を宜野湾市のジュビランスに輸送し、専用回線で通信できる警察電話を使って、市の市民防災室や県警本部と連絡を取り合った。

警察電話を使って、県警本部や宜野湾市との通信状態を確認する宜野湾署員=11日、同市・ジュビランス