五月病とは、3月、4月に進学・就職・職場の配置換え等の環境の変化が起こり環境変化に適応するために頑張り過ぎ、エネルギーを消耗した結果、5月ごろに疲れが出て、心身の調子を崩し、家事・学業・仕事に支障をきたした状態を言います。その不調が、5月に出やすいので、一般には五月病と呼ばれています。心療内科的診断名としては、うつ状態・不安障害・うつ病と多岐にわたります。では、どうすれば五月病を予防できるでしょうか。

 五月病には起承転結の物語があります。「起」は、環境変化に適応するために、かなり頑張る期間が続きます。「承」は疲れからストレスの症状が体に出て、だるさ・頭痛・肩こり・吐き気・腹痛等体の症状が多くなってきます。「転」は睡眠が取れない日が何日も続き、疲労回復が困難になり、疲れがたまる一方になります。「結」はその結果、とうとう学業・仕事が困難になった状態です。

 予防するための提案は、まず、「承」の段階で、ストレスの症状(これは心と体からのやり過ぎメッセージ)であると、「気がつく事」が大切です。人それぞれ、ストレスのバロメーターは違いますので、自分自身のバロメーターを知っておくと良いでしょう。

 五月病の人に多いのは、全ての事を完璧にやろうとして、目の前のやる事しか見えてなく、自分自身の体調に目がいかないために、気がついたら倒れていた、というパターンが多いです。仕事や学業だけを見るのではなく、自分自身の体調や気分も同時に見るようにし、活動と休息のバランスを取るように心掛け、エネルギーが減り過ぎないように、「エネルギー残量を管理する事」が大切です。ここまではできるけど、これ以上やると倒れるという範囲があり、私はそれを「守備範囲」と呼んでいますが、守備範囲に気をつけて倒れないようにする事が大切です。

 「転」の段階まで来て、睡眠障害が2週間以上続く場合は、内科か心療内科に相談して、薬で眠れるように対応した方がよいと思います。眠れないと疲れの回復ができません。

 「結」まで来て、学業・仕事に支障をきたしている場合は心療内科への御相談をおすすめします。

 完璧主義の人は「やり過ぎ」に気をつけて60点を目指しましょう。五月病の人が良くなった後で振り返って言う言葉で一番多い言葉は「やり過ぎた」です。忙しい時は、守備範囲を守り、広げ過ぎないように気をつけましょう。(城間功旬 一銀クリニック)