糸満はエース平安常輝の強気の投球で1点を守り抜き、初采配となる真玉橋治監督に九州の舞台で初勝利をプレゼントした。「僕の方が緊張したが、ナインは伸び伸びやっていた。あすも気持ちの入った試合をしたい」と声を弾ませた。 平安は走る直球に変化球で緩急をつけ、八回まで三塁を踏ませなかった。