【ロサンゼルスで大野亨恭】第6回世界のウチナーンチュ大会のPRのために米国を訪れている北米キャラバン(団長・翁長雄志知事)は12日午前(日本時間13日午前)、ロサンゼルス市の北米県人会ビルで大会説明会を開いた。

北米県人会メンバーらへ大会参加を呼びかける翁長雄志知事(右)=12日午前、ロサンゼルス市・北米県人会館

 翁長知事は「皆さんの長年の沖縄への支援に感謝する。ぜひ10月には沖縄へ来て情熱を感じてほしい」と参加を呼びかけた。県人会の国吉信義会長は、「大会ではウチナーンチュの力とおもてなしを感じられる」と大会の意義を強調した。

 会場には、市内やサンフランシスコ市などから、移住した1世や子や孫の世代まで約100人が集まり、県の説明に耳を傾けた。参加者からは、沖縄での移動方法や各市町村でのイベントの有無など多くの質問が出た。

 キャラバンメンバーは12日午後、カナダ・バンクーバーに移動し、13日にバンクーバー沖縄県人会友愛会への説明会などを実施する。