記事や紙面展開などについて有識者に意見を求め、今後の向上につなげることを目的とした「沖縄タイムスと読者委員会」の初会合が13日、那覇市の沖縄タイムス社であった。豊平良孝社長から仲地博氏(沖縄大学学長)、仲本榮章氏(ウィルコム沖縄代表取締役社長)、糸数貴子氏(Weぷらんにんぐ代表)へ委嘱状が手渡された。各委員からは子どもの貧困に関する報道などを評価する意見が出された。

第1回読者委員会で、沖縄タイムスの紙面について意見を交わす(左から)仲本榮章氏、仲地博氏、糸数貴子氏=13日午後1時すぎ、那覇市久茂地・沖縄タイムス社

 豊平社長は「指摘や批判を生かしたい。忌憚(きたん)のない意見を聞かせていただきたい」と要望した。

 仲地氏は「タイムスへの『偏向報道』批判は当たらない。権力を監視する役目を担うのが新聞で、それを支える読者がいる」と述べた。

 子どもの貧困に関する報道について仲本氏は「リアルで心を動かされる。貧困にあえぐ子どもたちが一人でも救済されるのは報道の力だ」と評価する一方、若者の新聞離れへの対応策に関して注文があった。

 糸数氏は戦争体験者からの聞き書き企画「語れども語れども」を取り上げ、「胸を打たれながら読んでいる。歴史の記録として続けてほしい」と期待した。