【東京】新型輸送機MV22オスプレイが米軍普天間飛行場に配備される前の2012年7月に開かれた日米合同委員会で、米側がオスプレイの運用制限を検討することは困難だと伝えていたことが13日、分かった。笠井亮衆院議員(共産)が、防衛省が作成したとみられる報告書を入手し、同日の衆院外務委員会で明らかにした。