【東京】15日に沖縄の本土復帰から44年を迎えることを受け、中谷元・防衛相は13日、会見で「戦後長らく米国の施政下に置かれ、現在も多くの米軍の施設・区域が集中し、県民に大きな負担となっているという事実を重く受け止めている」と述べた。