糸満が終盤の逆転劇でベスト4入りを果たした。 1-3の八回表。ここまで3安打に封じられた大分の先発がけがで降板した隙を逃さなかった。 敵失や2番大城幸雅のバント安打で1死満塁のチャンスをつくり、打席には捕手で3番桃原虎雅。初回に捕逸でピンチを広げ、先制点を許しており、「ミスを取り返す。流れが来た。