5日投開票の沖縄県議選に向け、沖縄タイムス社は候補者を地図で選ぶことができる「政策マッピング」を1日までに公開した。早稲田大学マニフェスト研究所との共同事業で、首都大学東京渡邉研究室との共同研究。スマートフォンやパソコンから無料で閲覧できる。

翁長県政への姿勢が一目で分かる政策マッピング

 地図上に全候補者71人分の顔写真を選対事務所の場所に落とし込んだ。翁長県政への姿勢も一目で判別できるように、顔写真を色別で分けた。「支持」は緑、「不支持」は青、「中立」は黄色。顔写真をクリックすれば、「基地」「経済振興」「貧困」「子育て」「雇用」の重要政策が表示され、政治家を志した理由や理念についても詳しく知ることができる。

 地図には、地域の課題を扱った記事も落とし込んだ。記事を読み、各候補者の政策を比較することも可能だ。

 サイトは「マニフェストスイッチ沖縄」で検索。