【北京で吉田伸】近世から近代にかけて中国・北京で客死し、埋葬された琉球人の墓の保全を求めて、墓参団約30人が14日、北京入りした。17日に現地を訪れる予定。また県と県教育委員会は北京市に対し、要請書を送ることも決め、墓参団に文書を託した。県北京事務所の下地裕所長が要請に同行する予定。