【石垣】石垣-台湾・花蓮間を最短4時間で結ぶ高速フェリー「ナッチャン・レラ」(1万712トン、旅客定員774人)が14日、石垣港に初入港した。同区間のフェリー就航は初めて。台湾の観光・経済関係者らでつくる視察団(団長・蕭美琴立法委員)の100人が来島。市内での記念祝賀会で新たな観光交流の促進に向け懇親を深めた。

石垣港に初入港した世界最大級という高速フェリー「ナッチャン・レラ」=14日、石垣市・石垣港

 就航は総合物流を展開するシンバネットワークのあんしん(浦添市、安里享英社長)と台湾物流大手の華岡集団(ワゴングループ、台北市)が昨年7月に結んだ戦略的パートナーシップ提携の一環。

 「ナッチャン・レラ」はワゴングループ傘下のユニ・ワゴンが所有する世界最大級の高速フェリーで、自動車なども輸送できる。現在は台湾の花蓮-宜蘭間を週2回運航。今年は花蓮-石垣間で年10回のチャーター運航を計画し、来年の定期便化を目指す。

 式典で安里繁信シンバネットワーク会長は「ぜひ実現したいプロジェクトだった」と歓迎。「ファーストステップとして年間10回の入港、その先に、最低週1回ほどでも定期便として結ばれることを大いに期待し、皆さんと共に絆を強めたい」と述べた。

 安慶田光男副知事や中山義隆石垣市長らも歓迎のあいさつを述べたほか、蕭団長らも今後の交流に期待を寄せた。