【てい子与那覇トゥーシー通信員】米ニュージャージー州にあるジョン・F・ケネディー小学校で11日、日本の「こどもの日」にちなみカルチャーの日を祝うイベントが開かれた。校内にある保育園の園児がニューヨーク沖縄県人会会員でウチナー新民間大使のてい子与那覇トゥーシー通信員(75)とエイサーなどで交流した。

パーランクーをたたきエイサーを練習した園児ら=米ニュージャージー州のジョン・F・ケネディー小学校

 てい子トゥーシー通信員はウチナー・パーランクーを20個持参。「沖縄」という名称を教えたりと子ども達と交流した。園児は3クラス合わせて34人。歓迎の歌をオルガンに合わせ歌い、事前に作った小さなこいのぼりを振って歓迎した。

 みんなでパーランクーを打ってあっと言う間に時間を過ごし、国境を超えて互いの心をつないだ。最後にはお礼の花束が贈られた。交流会は同校のパット・ディリオ教諭のアイデア。次回は折り紙も一緒に楽しみたいとしている。