2016年産モズクの収穫が不調となっている。種付けの時期の昨年冬に海水温が高く、モズク以外の海藻が網に繁殖したり、今年1月の寒波で根腐れしたりし、「経験したことのない気象」(知念漁協)に振り回された。不作だった前年よりも減産を見込む漁協が相次いでおり、目標の1万9千トンを割り込む見通し。