沖縄の看護・保健師の草分けで、1999年にナイチンゲール記章を受章した元県那覇保健所看護課長の金城妙子(きんじょう・たえこ)さんが15日午後11時56分、老衰のため浦添市内の老人ホームで死去した。100歳。名護市出身。告別式は17日午後4時半から5時半、浦添市前田2の15の1、サンレー中央紫雲閣で。喪主は、沖縄コロニー理事長で長男の康博(やすひろ)さん。

 金城さんは、第2次世界大戦中、日本赤十字の看護師として中国東北部(旧満州)で戦傷病者の救護に従事。戦後、本島北部で学校看護師として住民の保健医療に力を尽くした。

 その後、公衆衛生看護師(公看)の養成を訴え、保健師の市町村駐在制度の確立に奔走した。

 赤十字国際委員会(本部・スイス)が99年、戦後沖縄の公衆衛生に功績があったとして、県内3人目のナイチンゲール記章を授与した。

 77~82年に特別養護老人ホーム「ありあけの里」で所長を務めたほか、82年朝日社会福祉賞、95年県功労者表彰(社会福祉部門)をそれぞれ受賞した。