【石垣】石垣市内で見つかった米国製不発弾の処理作業が17、18の両日午後8時30分から行われる。

真栄里

白保

真栄里 白保

 17日は市真栄里の旧石垣島空港跡地、250キロ爆弾1発と50キロ爆弾4発を安全化(信管離脱)処理する。避難半径は283メートルで、2世帯1事業所が避難対象。18日午前2時予定の作業完了まで県道214号と市道の一部が通行止めとなる。

 18日は市白保で、17日に処理する5発含む20発を爆破処理する。旧石垣空港跡地内で見つかり、市が保管していた。避難半径315メートル内に民家はなく、農道の一部が通行止めとなる。作業完了は午後11時の予定。