【久米島】久米島紬(つむぎ)に魅せられ、東京で活躍するデザイナー吉村そらさんの久米島紬を取り入れた「ウエディングドレス・2作品目のお披露目会」が9日、久米島紬ユイマール館(松元徹理事長)で開かれた。

久米島紬に魅せられ、自作のドレスを披露する吉村そらさん(右)と1作品目を着たモデルの翁長友貴さん=久米島町・久米島紬ユイマール館

 伝統的な鳥の絵柄を取り入れた2作目。吉村さんが自ら身に着け、気さくな笑顔を見せた。久米島紬の振興に役立てたいとの思いで地元の結婚披露宴用に1作目を製作。好評を得て2作目に臨んだ吉村さんは「久米島紬を千枚岩で染め、水をイメージして作り上げた。知人の結婚式に使用する」と満足げ。松元理事長は「現在のニーズに久米島紬が生かされていることは大変うれしい」と喜んだ。(比嘉正明通信員)