内閣府の特別機関「日本学術会議」(大西隆会長)は17日、東アジア地域の自然史標本やデータを収集・保存する、総合的な研究拠点となる「国立自然史博物館」を設立すべきとする提言を公表した。実現すれば全国で初めて。