沖縄県名護市議選は米軍普天間飛行場の返還に伴う辺野古新基地建設に賛否を示していない渡具知武豊市長を支持する与党と、新基地建設に明確に反対する野党がそれぞれ13人当選し、議席を二分した。野党は改選前の14議席から1議席減らした。ただ新基地建設反対の立場の議員は公明党を含む15人となり過半数を占めた。今回から定数は1減となり、26議席を32候補が争った。

名護市議選挙の当選者一覧

支持者や家族と当選を喜ぶ仲尾ちあきさん(前列中央)=9日午後11時ごろ、名護市宮里

初当選が決まり、支持者と万歳三唱する吉居俊平さん(中央)=9日午後11時27分、名護市大東の選挙事務所(下地広也撮影)

支持者とバンザイして初当選を喜ぶ長山正邦氏(中央)=10日午前0時すぎ、名護市安和の選挙事務所(田嶋正雄撮影)

支持者から花束を受け取り、当選を喜び合う翁長久美子さん=9日午前0時38分、名護市為又

名護市議選挙の当選者一覧 支持者や家族と当選を喜ぶ仲尾ちあきさん(前列中央)=9日午後11時ごろ、名護市宮里 初当選が決まり、支持者と万歳三唱する吉居俊平さん(中央)=9日午後11時27分、名護市大東の選挙事務所(下地広也撮影) 支持者とバンザイして初当選を喜ぶ長山正邦氏(中央)=10日午前0時すぎ、名護市安和の選挙事務所(田嶋正雄撮影) 支持者から花束を受け取り、当選を喜び合う翁長久美子さん=9日午前0時38分、名護市為又

【立候補者アンケート】辺野古「反対」は32人中17人だった