うるま市大田の会社員、島袋里奈さん(20)が4月下旬から行方不明になっている件で、失踪現場付近に居合わせた米軍属の男性が何らかの事情を知っているとみて、沖縄県警が重要参考人として任意で聴取していることが18日、分かった。防犯カメラに男性の車両が写っており、県警は男性に任意で車両を提出させ、調べを進めている。

川沿いを調べる捜査員=13日午前10時40分ごろ、うるま市州崎の沖縄IT津梁パーク前

 島袋さんは4月28日午後8時ごろ、交際相手の男性に「ウオーキングしてくる」と無料通信アプリLINE(ライン)で伝え、自宅を出た。翌29日午前2時ごろ、男性のメッセージを確認した記録が残されていたのを最後に、足取りが途絶えた。

 県警は、最後の通信記録の発信場所となった同市の工業地帯周辺の防犯カメラを分析。通行人や車両を調べる中で軍属男性が浮上した。男性の足取りを調べるため、広域で防犯カメラを調査。18日は金武町など北部地域まで捜索範囲を広げ、女性の痕跡がないか調べた。

 捜査関係者によると、同日の捜索では手がかりは得られなかったという。19日も引き続き、軍属男性の立ち回り先で捜索を続ける方針。男性は米軍専用施設の居住エリアではなく、民間地域に住んでいるという。

 島袋さんは自宅に財布や車を残したまま、カギやスマートフォンだけを持って自宅を出た。29日午前に家族からうるま署に行方不明届けが出され、5月12日には県警が顔写真を公開し、情報提供を呼び掛けていた。