ネット専業の銀行、じぶん銀行(東京都中央区)は8月、カードローンをPRする2次元美少女キャラクター「小鳥遊(たかなし)つぐみ」を発表した。主にTwitter上でのつぶやきやYouTubeでのアニメーション動画でサービスを周知する。

写真を拡大 じぶん銀行でカードローンのPRを担当する「小鳥遊(たかなし)つぐみ」

 ここまで書くと「また目のでかい何かの擬人化キャラか……」と思う人もいるかもしれない。ネットにも街中にもさまざまな商品やサービス、果ては企業や自治体をデフォルメ化した萌えキャラがあふれている。銀行といういかにも「お堅い」業界がやった意外感があるとはいえ、食傷気味の人もいるのでは。

 しかしこのつぐみさん、ただの画像だけのキャラではなかった。プロの女性声優が声を担当し、同世代の女子行員2人がTwitterでつぶやく。設定に合わせた演出で2次元キャラに限りなくリアルさを持たせようとしたのだという。しかも、彼女には隠れた“裏の顔”があるという妙に凝った設定も……。

 じぶん銀は2008年にKDDIと三菱UFJ銀行の共同出資で設立された。決してアニメやゲームのビジネスを手掛けてきた訳ではない。彼らが「萌える」2次元女子行員を大真面目に作っている背景には、頻繁に批判されてきたカードローン業界でマーケティング面での差別化を図る狙いがあるようだ。

「萌えキャラ、徹底的に作りこもう」

 つぐみさんの“プロデューサー”、コンシューマーファイナンス営業部でカードローンを担当する関口国男さん(39)が2次元キャラに注目するきっかけはSNS上の広告だった。Twitter広告は効果が高く、しかも特定の関心を持つ人を狙ってアピールできることから、ちょっとオタク寄りの人向けに試験的な広告を掲載してみた。

写真を拡大 無名のアニメ風キャラをTwitter広告に載せたところ痛烈な批判リツイートが

 広告代理店にフリー素材で作ってもらったアニメ風キャラをバナー広告に入れて18年はじめにTwitterに流したところ、効果は上々。しかし痛烈なリツイートが寄せられた。「安易に萌えキャラを作ってオタクを釣ろうとするな」。

 「これは単なる批判じゃない、チャンスだ」と捉えた関口さん。「逆にちゃんと萌えキャラを作りこめば彼ら(オタクな層)は支持してくれる。半端にやるならやらない方がいい、徹底的に作りこもう」。