日立製作所の子会社で、金融サービスを手掛ける日立キャピタル(東京)は、読谷村宇座に植物工場を建設し、イチゴの生産、販売を始める。2017年度から事業を始め、3年後に年間4・5トンを生産。沖縄県内のリゾートホテルなどに出荷するほか、那覇空港の国際物流ハブを活用して東南アジアへの輸出も目指す。