自民党県連(島尻安伊子会長)の具志孝助幹事長らは20日午前、元米海兵隊員の男がうるま市の女性の遺体を遺棄したとして逮捕されたことを受け、外務省沖縄事務所に水上正史沖縄担当大使を訪ね、抗議と同時に事件を受けた日米首脳会談を求めた。

元米海兵隊員の男が死体遺棄容疑で逮捕され、抗議に訪れた自民党県連の具志孝助幹事長(左から2人目)に謝罪する水上正史沖縄担当大使=20日午前、那覇市・外務省沖縄事務所

 具志氏は「凶悪な事件であり米軍人、軍属含めて沖縄から出て行けという声が出てもおかしくない」と強く抗議。さらに「日米地位協定という米軍のみに配慮した差別の協定が存在することで軍人、軍属が(日本国民は)自分たちと違うと下に見ているのではないか」と指摘し、抜本改定を求めた。

 水上氏は「事件が防ぎきれなかったことを申し訳なく思う」と陳謝した。

 自民県連は20日中に沖縄防衛局、在沖米総領事館にも抗議を予定している。