【東京】島尻安伊子沖縄担当相は20日の閣議後会見で、うるま市での死体遺棄事件で米軍関係者が逮捕されたことについて、「在日米軍が集中している沖縄で、米軍の関係者により尊い人命が失われたことは極めて遺憾である」と述べた。事件を受け、閣議前に沖縄関係閣僚会議が開かれており、島尻氏は外務、防衛大臣に綱紀粛正や再発防止を強く求めたと話した。会議への安倍首相の出席はなかったという。

 事件が普天間飛行場の移設問題に影響するかについては「そういうことではない」と否定した。事件に抗議する県民大会の動きや開かれた際の参加については「詳細が分からず、コメントは控えたい」とした。島尻氏は20日から沖縄を訪問するが、遺族などの関係者、翁長雄志知事、米側との面会など、事件関係の日程は「今のところ決まっていない」と話した。