16日に引退する安室奈美恵さんの写真をペイントしたキャラバントラックが全国34都市を巡り、ファンから安室さんに贈る「♡」を集める「♡CARAVAN」が12日、宜野湾海浜公園であった。キャラバントラック前に大勢のファンが詰め掛け、フォトスポットで写真を撮ったり特製カードにメッセージを書いたりして、安室さんへの思いを表現した。

キャラバントラック前で写真撮影を楽しむ人たち=12日、宜野湾市・宜野湾海浜公園

 イベントは安室さんに思いを届けるプロジェクト「#ALLFOR916」の一環。先月20日に北海道を出発し、最終地の沖縄に到着した。会場はイベントを楽しみにしていたファンでにぎわい、写真撮影待ちの長蛇の列ができた。

 キャラバントラック前では、安室さんのステージ衣装で写真撮影を楽しむ家族連れのほか、ビデオメッセージ撮影で「安室ちゃんありがとう」と声をそろえるグループの姿も。多くのファンがハートの特製カードに安室さんへのメッセージを書き込み、特設のポスト「♡POST」に投函(とうかん)した。

 家族3人で訪れた福里章子さん(32)=浦添市=は、夫・健智さん(33)と長男・健聡ちゃん(1)と安室さんの『ショータイム』の衣装で参加。「引退まであと4日、どう過ごしていいか分からないけど、安室ちゃんが決めたことなので全力で応援したい」と話した。

 喜友名さや香さん(40)=宜野湾市=は「同い年で一緒に生きてきたようなもの。志やファッションを今後も続けていきたい」。喜友名さんの父・横田恒雄さん(65)は「曲を聴いているうちに元気になる」、母の一美さん(65)は会場を見渡して「安室さんはファンの方々もみんな親切ですてきですね」と感心していた。