逮捕された元米海兵隊の男は今春、妻と生後間もない乳児の家族3人で新生活を始めたばかりだった。約180センチの大柄で細身の筋肉質。米軍基地のない町の住宅街で目立つ存在だったというが、近所付き合いはほぼなかったという。

沖縄県警うるま署に移送された容疑者=19日午後、うるま市大田

 男が県警の最初の任意聴取を受けた翌日の今月17日午前7時ごろ。東部消防によると、多量の睡眠薬を飲み、救急車で緊急搬送された。

 翌18日午前11時ごろにも約700ミリリットルのウイスキー2本を飲酒して嘔吐(おうと)し搬送。両日とも妻と義父が布団の上で意識がもうろうとする男の体を支えていたという。近所の30代女性は「17日ごろから警察が24時間、付近に張り付くようになった」と振り返った。