【東京】菅義偉官房長官は20日午前の閣議後会見で、元海兵隊員で米軍属の男による死体遺棄事件に関し、「残忍で凶悪な事件の発生は許しがたく言語道断である。強い憤りを覚える」と断じた。

 また、閣議前に沖縄関係閣僚会議を開き、引き続き米側に対して捜査への協力と米軍人・軍属の綱紀粛正と再発防止を求めていくことをあらためて確認したと説明した。