八重山漁協一本釣り研究会(比嘉幸秀会長)は8月30、31の両日、沖縄県の八重山近海でサメ駆除を実施した。漁具被害などを防ぐために毎年行っており、今年は2日間で500キロ超のサメを含む計60匹を駆除した。

八重山漁協の水揚げ場に運ばれて駆除された500キロ超のサメ=石垣市新栄町

八重山漁協の水揚げ場に運ばれた500キロ超のサメの写真を撮る市民ら=石垣市新栄町

八重山漁協の水揚げ場に運ばれて駆除された500キロ超のサメ=石垣市新栄町 八重山漁協の水揚げ場に運ばれた500キロ超のサメの写真を撮る市民ら=石垣市新栄町

 駆除は同会の13隻が取り組み、オオテンジクザメやオオセ、ツマジロザメ、ヤジブカ、イタチザメ、クロトロガリザメが次々揚げられた。

 31日午後1時ごろ、500キロ超のサメを乗せた漁船「清八丸」が到着。巨大すぎるため、海中を引いて運ばれたサメは500キロ制限の電動リフトで揚げられず、フォークリフトを使って陸揚げされた。集まった100人を超える人々は驚きの声を上げながら記念に写真を撮っていた。

 比嘉会長は「サメは仕掛けの道具ごとくわえて引きちぎるので、獲物を取られる以上に損害が大きい。一度でも被害に遭った場所は仕掛けられなくなる。今回は潮の流れが速くあまり多く捕れなかったが、やらないよりはいい。これで少しは助かる」と話した。(奥沢秀一通信員)