訪日外国人客(インバウンド)の誘客戦略を練るJTBの新部署が、アジア各国に修学旅行の文化を広め、魅力ある訪問先として沖縄をPRする意向だ。同部署のトップで、沖縄に1982年、初めて修学旅行の団体客を送った実績を持つ執行役員の坪井泰博氏がこのほど沖縄タイムス社を訪れ、意欲を示した。