米軍属の男がうるま市女性の遺体遺棄容疑で逮捕されてから一夜明けた20日、県内政党や県議会会派は在沖米総領事館、外務省沖縄事務所、沖縄防衛局を次々と訪れ事件への抗議が続いた。沖縄の過重な基地負担を象徴する事件に、県政与党からは全米軍基地の撤去を求める声が相次ぐ事態へと発展。