翁長雄志知事は20日、米軍属による女性遺体遺棄事件を受け、23日に上京し安倍晋三首相と会談する方向で政府側と調整に入った。

台湾から帰国し報道陣の取材に答える翁長雄志知事=20日夜、那覇空港

 沖縄県は20日に安慶田光男副知事が政府関係者へ抗議の意を伝えたが、事件が女性の遺体遺棄という最悪の結果となったことを踏まえ、知事が自ら抗議する必要があると判断した。

 知事は北米、台湾から20日夜に帰沖した。那覇空港で記者団に「基地の問題、県民感情を考えたときに、一番大きな問題は日米地位協定の改定ではないか。今回、強く申し上げることになる」と述べた。また、同様の事件が繰り返されてきたことに触れ、「政府が当事者になりきれていない」と批判した。