【ワシントン共同】米ブルームバーグ通信は14日、トランプ米大統領が中国からの年2千億ドル分(約22兆円)の輸入品に対する第3弾の制裁関税発動へ向けた準備作業を進めるよう政権幹部に指示したと伝えた。発動表明に至れば、中国側が猛反発するのは確実だ。

 江蘇省連雲港市で出港を待つコンテナ=8日(ロイター=共同)

 ブルームバーグによると、トランプ氏は13日、ムニューシン財務長官やロス商務長官、通商代表部(USTR)のライトハイザー代表ら関係する幹部と対中制裁関税を巡って協議し、こうした方針を指示した。

 ムニューシン氏は中国に閣僚級貿易協議の再開を提案し、中国側も応じる意向を示している。(共同通信)