沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で21日、新基地建設に反対する市民らが抗議集会を開き、元海兵隊員で米軍属による女性遺体遺棄事件について「米軍は出て行け」「犯罪は許さない」「命を返せ」などと抗議した。

うるま市の女性遺体遺棄事件を受け、座り込み行動をする市民らを排除する機動隊員=21日、名護市辺野古キャンプ・シュワブゲート前

 市民らは集会前に被害者女性に黙とうをささげた。米軍車両を基地外に出さないようゲート前で座り込み行動を続けたが、機動隊に排除された。

 テント前では市民らが次々とマイクを握り、事件について「怒りや悲しみをどう表現したらいいのか分からない。全基地撤去に向けた大規模の集会が必要だ」「怒りにとどめるだけでなく、行動に出さなくては」と怒りの声を上げた。